HairMax vs 競合商品

ヘアマックスが他社製品より効果が優れる3つの理由
3つの特徴が、あなたの髪の成長を促します!


髪をかき分けるくし型構造

ヘアマックスのレーザー育毛器は、特許取得済み構造の髪をかき分ける歯が特徴です。このくし型構造が髪をかき分け、最大量のレーザー光エネルギーを毛包に届けるため、最高の効果が得られます。

レーザーの密度

ヘアマックスのレーザーダイオードは密接に配置されているため、レーザー光線が毛包に均一にムラなく当たります。

レーザーの密度

ヘアマックスのレーザーダイオードは密接に配置されているため、レーザー光線が毛包に均一にムラなく当たります。

レーザーの強度

ヘアマックスのレーザー光線は平行にまっすぐに進みます。レーザー光線が集中的に当たって頭皮を通過し、毛包まで届きます。一方、LED光線は平行ではなく、集中的に当たりません。

HairMax vs 他社製品


レーザー光線、治療時間、照射範囲、有効性、使いやすさ、ヘアマックスはあらゆる点で他社の育毛器より優れています

レーザー育毛器を比較する際、各社製品の違いをあらかじめ把握しておくことで、業界のトップ企業から安心して最高の育毛器を購入できます。「模倣は最高の賛辞である」ということわざがありますが、魅力的な宣伝をしながら、脱毛を効果的に治療する適切な技術が組み込まれていない育毛器が市場に流通していることには大変心が痛みます。

ヘアマックスは、脱毛に悩む方々が一部の企業によって誤った判断をしてしまうことを心配しています。あなたには最高の育毛器を手にする資格があります。これから、育毛器の重要な機能を画像を比較しながら紹介します。これを見れば、ヘアマックスが、レーザー育毛器のトップブランドである理由が分かるでしょう。

ヘアマックスの光線パターン:光線の照射が均一

ヘアマックスの育毛器は、均一に密接してレーザーが配置されています。レーザー光線が頭皮全体に安定して当たるため、広い範囲をムラなく照射し、優れた効果を発揮します。

他社製品の光線パターン:光線の照射が不均一

ヘアマックスのレーザーダイオードは密接に配置されているため、レーザー光線が毛包に均一にムラなく当たります。

ヘアマックス:特許取得済みの髪をかき分けるくし型構造

ヘアマックスの育毛器は、均一に密接してレーザーが配置されています。レーザー光線が頭皮全体に安定して当たるため、広い範囲をムラなく照射し、優れた効果を発揮します。

他社製品:光線を遮断

他社の育毛器には髪をかき分けるくし型構造がないため、毛髪が光線を遮り、ヘアマックスに比べて治療効果が低くなります。毛髪がレーザー光線を遮ることで、レーザー光線が毛包まで届きづらくなります。毛根は刺激されず、されたとしても非常にわずかな刺激です。

ヘアマックスのレーザーバンド:頭皮全体にレーザーを照射

レーザーバンドを前から後ろに動かすことで、耳から耳までの頭部全体が覆われ、結果的に246個に相当するレーザーが照射されたことになります。

その他かぶるタイプの育毛器:頭の上部にのみレーザーを照射

キャップタイプやヘルメットタイプの他社製品の場合、レーザーが当たるのは頭の上部のみです。側面にはレーザー光線が届かず、上部のみしか治療することができません。

ヘアマックスのレーザーバンド:治療時間が最短

ヘアマックスのレーザーバンド育毛器の治療時間は業界最短です。特にレーザーバンド82が最も短く、わずか90秒で治療が完了します。レーザーバンド41もわずか3分ほどです。

他社製品:治療時間が長い

他社の育毛器の治療時間は20〜30分です。重たいヘルメットや熱を発生するキャップをかぶっているには長過ぎる時間です。忙しい日々を送る中、治療時間が長いと育毛器を継続して使用することが難しくなる場合もあります。

レーザーとLEDの違い


LED光線を利用した治療について、いろいろと耳にしたことがあると思います。LEDは肌の表面の治療に使われますが、毛包まで到達して髪の成長を促すためには、レーザー光線の強い力が必要です。

髪の成長に関しては、レーザーとLEDには大きな違いがあります。混同されがちですが、髪の成長を促進すると臨床的に実証されているのはレーザーのみです。レーザーはLEDに比べて、強力な光エネルギーを局所的に届けるからです。さらにレーザー光線は、その色に特徴があります。レーザーのエネルギーは、単一の光の波長(色)の集まりです。一方、LED光線のエネルギーはさまざまな波長(色)に分散しており、育毛器の中にはレーザーとLEDの両方を利用しているものもあります。例えば、iRestore(アイリストア)の育毛器には21個のレーザーダイオードと30個のLEDが組み込まれています。

では、なぜ育毛器にLEDを利用するのでしょうか? 答えは簡単です。LEDはレーザーダイオードに比べて非常に安価だからです。
画像を使って、レーザーとLEDの違いをさらに説明します。

ヘアマックス:医療用レーザー100%

ヘアマックスの育毛器は、医療用レーザーのみを使用しています。LEDは一切使っていません。

低グレードのLEDを使用した他社製品(上記):レーザーとLED光線

他社の育毛器にはレーザーとLEDの両方が使われています。LEDはかなり安価なうえ、レーザーと同等の機能は実証されていません。

ヘアマックス:強力なレーザー光線が毛包に集中して到達

レーザー光線は平行にまっすぐ進みます。平行に集中的に当たって頭皮を通過し、毛根まで到達します。これが髪の成長を促進するためには不可欠です。

他社製品:毛包に届く光線が少ない

LED光線は平行ではなく、集中的に当たりません。このため頭皮で跳ね返り、毛包まで十分にエネルギーが届きません。

ヘアマックスのどこよりも充実した試験データ


ヘアマックスでは臨床試験を重視し、クリーブランド クリニック、マイアミ大学、ミネソタ大学をはじめとする全米の有名な研究大学で、業界最高レベルの臨床試験を7件実施しています。高い業界・学術レベルで信頼性の高い臨床試験を実施または検証された事例は、ヘアマックス以外にこれまで報告されていません。効果を証明するために、適切な臨床研究を実施すればするほど、信頼性は高まります。

髪の成長を促すレーザー光エネルギーに関する臨床試験を、ほかのどの企業よりも多く実施

臨床試験において90%を超える成功率

米国各地の一流の医学研究病院において、460人の男性・女性を対象に、ヘアマックスのレーザー育毛器の臨床試験を7件実施しました。

医学系雑誌に掲載

ヘアマックスは、6つの医学系学術雑誌に臨床試験結果が掲載された唯一のレーザー育毛器です。

髪の成長に大きな効果

臨床試験を受けた男女は発毛が大幅に促進され、毛髪本数が1平方インチ当たり平均129本増加しました。

FDA認可を取得した*初のレーザー育毛器

ヘアマックスは、FDA(米国食品医薬品局)の認可から臨床試験、展開するレーザー育毛器の豊富なモデル展開にいたるまで、常に市場の先頭を走り続けています。ヘアマックスは、家庭用育毛レーザー技術において、世界を代表する存在です。2000年の設立以降、私たちは誰でも使用できるレーザー育毛器の開発に専念しています。ヘアマックスは、美容機器の枠組みを超え医療機器としてFDAの認可を受けるために、広範な研究プログラムに取り組みました。

数年間の研究開発と多額の投資を経て、2007年、革新的な成果がもたらされました。家庭用レーザー育毛機器として初のFDAの認可を取得し、ヘアマックスは、男性の脱毛を治療し髪の成長を促進すると認められたのです*。2011年には、ヘアマックスのレーザー育毛器は女性向けとしても、FDA認可を初めて取得しました。これにとどまらず、ヘアマックスのレーザー育毛器は、合計8件のFDAの認可を取得しました。これは前例のないことです。

FDAの認可をこれほどの件数取得した企業は、ほかにはありません。多くの企業がヘアマックスのデータを引用して、ヘアマックスを模倣したレーザー育毛器でFDAの認可を取得しています。これでヘアマックスは、最高品質のレーザー育毛器を提供していることがお分かりになったでしょうか。市場のどの育毛器よりも、確かな育毛効果が実証されています。

最高の品質基準で製造

これまで市場に参入した企業の多くが、簡単にレーザーやLEDを機器に組み込むことができると考え、きちんと製造されていない製品を宣伝してきました。このような企業はその後、厳しい規制や規格を順守しながら、医療機器企業を経営することの難しさに直面します。現在も、他社のオーナーの中には、保険詐欺で刑務所に入っていた経験があったり、無人の私書箱をオフィスと称していたり、実際には植毛したにもかかわらず、レーザーによって髪を取り戻したと主張したりする者もいます。

脱毛に悩む方々はもっと大切に扱うべき存在です。ヘアマックスは真剣に考えます。たとえ革新的なレーザー育毛器の開発が、非常に大変な道のりだとしても。医療機器企業として事業を運営する必要があり、FDA(米国食品医薬品局)をはじめとする規制当局から監査を受け、GMP(適正製造規範)に従い、ISO 13485および9002などのISO(国際標準化機構)規格を順守しなければなりません。

ヘアマックスは、品質の高い医療機器をお客様に提供できるよう努めており、業界最高の基準を採用して真摯に事業運営を行っています。私たちが一番に目指すのは、最高の育毛効果をもたらす有効性の高いレーザー機器を製造することです。私たちは、製造、出荷、有効性、カスタマーサポートなどあらゆる面で、適正に業務を遂行できるように心がけています。なぜなら、お客様が何よりも大事だからです。