2019年 11月 05日 HairMaxJapan

★★★★★

世界の人毛マーケット事情

 

以前、病気で髪の毛を失ってしまった人のために、髪の毛を寄付できる話「今、話題のへアドネーションとは?」
https://www.hairmaxjapan.com/site/blog#blog76
をしました。
今回は、髪の毛を売る、人毛マーケット事情について調べてみようとおもいます。

中国かつら用の人毛の売買

日本人の毛質に一番似ているのが中国人のものです。中国は人口も多く、日本人が装着する
人毛のかつらのほとんどは中国で供給されているのです。
中国では「毛髪ハンター」という仕事があり、田舎の農村に行き、特に少女の長い髪の毛を安く買うことを生業としている人がいます。
一日に1人から買うことができれば、生活は成り立つそうです。
収入的には、一ヶ月間で農民の年収分くらい稼ぐそうです。ちなみに農民の平均年収は15万円くらいらしいです。
農村で道路沿いにいる長い髪の女性を見かけては声をかけ、髪の長さをチェックしてお金の交渉をし、子供の場合は交渉できないので、親御さんと会って交渉となります。
日本円で1万円ちょっとで売ったお金は、子供の学費の足しになったりするようです。


インドは世界一の人毛輸出量!

南インドに、世界一の聖地ティルマラがあります。 
何が世界1位で2位かというと、世界で最も収入のあるお金持ち宗教施設はバチカンで、ここは2位だそうです。
そして、世界で一番なのは、巡礼者の数。
なんと毎日平均10万人がやって来ます。なんと年間1千万人超、東京ディズニーランドの入場者数に迫る勢いです。さすが宗教大国インドですね。
この聖地にあるヴェンカテェシュワラ寺の敷地内には、なんと約600人の床屋が常駐しています。
なぜでしょう?

女性の髪の毛を噛み捧げるという理由で頭を丸めます。

インド女性は「神に自分の髪で感謝を伝えたいだけで、その後髪がどう扱われてもかまわない。髪に問題があり、見た目を良くしたい女性に髪の毛が役立つのであれば、ただ捨てられるより良いことだと思う」と身を呈した宗教心でバージンヘアを捧げます。
年間に換算すると、実に500t以上もの髪の毛が奉納されています。
ティルマラで奉納された髪は、ヴェンカテェシュワラ寺がまとめてオークションに出し、売りさばいているというのです!1年で27億円もの資金を生み出しているといわれています。驚きです!!

インドの南部の女性はケミカルなシャンプーを避け、髪をよくとかし、ココナッツオイルで指通りを良くする女性が多い。質の良い髪は綺麗にカラーリングされ、欧米の美容院で最も人気がある金色にできます。その結果、毛髪はインドの代表的な輸出品の一つになっているのです。

貧困に目をつける悪徳行商人

自発的な毛髪の提供は、まだ良いのですが、問題になっているのがアジアや東ヨーロッパを巡り、貧しく若い女性たちの
毛髪を安く買いたたく毛髪商人の台頭です。
彼らはインドなどで男性たちに、妻の髪を売ってくれと持ち掛け、夫たちが自分の妻に剃髪を強制するだけでなく、ギャングたちに襲われ乱暴に髪を剃られる被害が起きているという。さらにスラムの子どもたちはおもちゃと引き換えに騙されて頭を刈られている。

そして、需要があるのは入手困難とされる東ヨーロッパ人の髪です。スラブ人の血を引く女性たちがターゲットになり、彼女たちの髪はスラヴャンカの髪といわれ、柔らかく、金髪が多い。その背景からシベリアやウクライナのはずれの地域では毎月断髪式が開催されている。その買取価格は非常に安いです。

世界中でターゲットにされる良質な女性の髪

ブラジル、ペルーなどの南アメリカの太い髪は珍重されている。月収が9,000円ほどのペルーの農村では、生活に行き詰った女性を狙う商人が各家を訪問する。同意が得られれば、彼女の髪はハサミで雑に切り取られる。

中国の髪はまっすぐで粗いためあまり望ましくないとみなされているが、インドやペルーの髪の毛だと偽り、高い値段がつけられるケースが多いという。また年齢の問題もあり、24歳の髪はもっとも高品質で、
ケラチン(毛髪の作るプロテイン)が最も健康な時期なのだそうです。

最後に

こういった世界で取引された人毛が、かつらになったり、エクステンションとなったりして世界に流通しているのです。ご存知でしたか?
さて、「かつら」に頼らず、
薄毛でお悩みの方におススメなのが、2017年版男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインで初登場の低出力レーザー治療。
有用性を示す十分な根拠があることは、当公式サイトでも症例写真や臨床研究のページでエビデンスを開示していますが、日本の学会でも認められました。
日本のメーカーはレーザー育毛機の開発に遅れているため、米国の
FDAでも承認されているレーザー育毛医療器「ヘアマックス」は、男性にも女性にも自宅ケアとして取り入れていただきたいです。
AGA対策として、週に3回、育毛ケアをしませんか?

Back to Top