2018年 11月 11日 HairMaxJapan

★★★★

冬の薄毛対策

もうすぐ、本格的な寒い冬がやってきますね。 冬は乾燥の季節です。静電気がバチバチして、 手足や顔の皮膚はもちろん、頭皮も乾燥してしまいます。 そしてその乾燥は、薄毛を招く原因にもなりうるのです。
なぜ薄毛の原因となり、どうしたらその乾燥を防ぐことが出来るでしょうか。
今回は冬の薄毛対策をみていきましょう。

冬はフケや抜け毛が増えて薄毛の原因となる季節です

薄毛対策は冬にも気を抜いてはいけません。冬には冬ならではのハゲる原因となる落とし穴がたくさん存在するのです。
冬は空気が乾燥する季節。気温が下がることで大気中の湿度が下がり、部屋に入るとエアコンやストーブの熱が乾燥をさらに推し進めます。
乾燥は肌の大敵とはよく言いますが、それは頭皮にも当てはまるのです!
なぜなら頭皮は皮膚の一部なので、他の部分の皮膚と同様に乾燥を嫌います。

乾燥すると皮脂が増える

大気が乾燥すると、水分を取られまいと皮脂腺から皮脂が大量に発生するのです。
頭皮には鼻や額の3倍以上の皮脂腺が存在するため、頭皮は乾燥から守られるのですが、問題はその後です。
毛穴に詰まった皮脂が酸化するとかゆみやフケの原因になったり、頭皮が炎症を起こしてしまう可能性があるのです


冬の薄毛対策は適度な保湿

頭皮の乾燥を防ぐためには頭皮の保湿が必要です。
保湿成分があるシャンプー、育毛剤を使用することで頭皮を保湿すれば、必要以上に皮脂が発生することは減ってくるでしょう。
ちなみに皮脂が増えたといってシャンプーの使い過ぎや洗浄力の強いシャンプーを使うのは逆効果となります。
皮脂が足りなくなったと判断した皮脂腺が、さらに大量の皮脂を発生させてしまうのです


ニット帽のメリットと、着用の際の注意点

体の中でも最も紫外線を浴びやすい部分が頭頂部です。髪の毛の長い人であればそのダメージは髪の毛に分散されますが、髪の毛の短い人や薄毛に悩んでいる人は、紫外線からの直接的なダメージを頭皮に受けやすくなってしまいます。そのため冬でもニット帽などの帽子を被り、できる限り紫外線から頭皮を守ることが大切です。

しかし、ニット帽の長時間の着用などで頭皮が異常に蒸れてしまう状態は避けなくてはいけません。頭皮にはもともと「常在菌」という菌が数種類存在しており、それぞれのバランスが保たれた状態であれば紫外線やカビ、花粉などから肌や頭皮を守ってくれます。しかし蒸れることで菌が過剰に増え、常在菌のバランスが崩れると、頭皮に様々な悪影響を与えることも。ニット帽を脱いだ際に感じる頭の臭いや、長時間被り続けることで起こる頭皮の炎症などなどがまさにそれです。常在菌は高温多湿を好むため、ニット帽の長時間着用による頭皮の温度、湿度の上昇は避けるよう心がけましょう。常在菌のバランスを崩さないためにも、ニット帽の着用時は適度な間隔で帽子を脱ぐ、汗をこまめに拭くなど、頭皮の蒸れすぎを防止する必要があります。

適切な着用で頭皮ダメージを軽減!

通年の紫外線や冬の乾燥は頭皮に様々なダメージを与えるといわれています。ダメージを未然に抑えるためにも、冬場のニット帽は効果的だといえるでしょう。ただし、日陰や屋内に入った時にはできるだけ帽子を取るようにし、汗はこまめに拭いて頭皮が蒸れすぎないようにするという注意が必要です。抜け毛や薄毛が気になる場合には、このような冬の対策も心がけてみましょう。しかし紫外線や乾燥の対策だけでは薄毛の進行を防げないこともあります。

冬に抜け毛・フケ対策

冬ならではの薄毛トラップは何といっても静電気
セーターやニット帽を脱ぐときに髪と毛糸が摩擦してパチパチッとなるときがありますよね?アレこそが冬の抜け毛の原因です。
静電気は、2つの物質が擦れることで電子の移動が起こり、その物質が離れる瞬間に電位差が生じることで発生。
静電気が発生すると、髪の毛はダメージを受けキューティクルがはがれやすくなり、キューティクルに守られていたタンパク質や水分が流出し、パサつき、切れ毛やフケの原因となってしまいます。
さらに怖いのが静電気が発生した髪は空気中のチリやホコリを吸着してしまう点。
雑菌の繁殖で頭皮の環境が悪化すると薄毛が進行します。

簡単に静電気を除去する方法

まずはバチバチッとした音と痛みが発生する金属と接触の時。
冬に車のドアノブを引く際によく発生してしまいますよね?あれを防ぐには直前に1円玉か10円玉を握りしめてください。
アルミニウムや銅には体に蓄積した静電気を逃がす働きがあるのです。
忘れてしまいがちな人は車に乗る直前に小銭を握りしめて、ホット缶コーヒーなどの飲み物を買うと無意識に対策ができます。
髪の毛への対策にヘアブラシはプラスチック製よりも木材製を使用すると静電気発生率が下がります。

最後に

冬の薄毛対策・乾燥対策と共に、
薄毛対策も同時進行していきましょう。
低出力レーザー育毛機ヘアマックスは、この頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。
是非、ヘアマックスを普段の生活に導入して、頭皮の地肌力を高め、薄毛対策をしませんか?

 

 

Back to Top