2018年 10月 11日 HairMaxJapan

★★★★

秋は1年で一番抜毛が多い季節

朝、枕の上の抜けた髪の毛の多さ、床に落ちた髪の毛の多さ、お風呂場の排水口に溜まった抜け毛の多さを見て、「こんなに抜けているんだ」と不安になったりしますよね。
しかも、秋になると、特に抜け毛が多い気がすると感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、健康な状態でも普段から1日50~100本近くの髪の毛が抜け落ちます。
それが秋には、1日に100~200本の毛が抜けるようになるのです。
さらに、頭皮のダメージ次第では200~300本くらい抜けてしまう場合もあるのです。
そんな「秋」と「抜毛」を見ていきましょう。


秋は抜毛の季節というのは本当です

ペットを飼っている方なら、犬や猫などが、秋になると毛が抜けることをご存知の方も多いのではないでしょうか。動物は寒くなる冬に備えて、体の毛が夏毛から冬毛に変わります。
そのため、秋口に大量の毛が抜け落ちることになります。
実は、人間も同じ現象が起こります。人は秋になると、毛母細胞の入れ替わりがあるため、一時的に抜け毛が多くなります。
そしてもうひとつが、夏バテやダイエットによる栄養不足、疲れ、ストレス、紫外線ダメージといった 生活習慣によるものです。
そういった原因を詳しくみていきましょう。


秋の抜毛が増える原因

1)夏の頭皮への紫外線ダメージ

紫外線が肌に当たると、肌の奥に入り込み細胞が破壊されます。細胞が破壊されることによって肌の老化が進みます。髪の毛を作る細胞が失われていくことで、薄毛の進行を加速させてしまいます。
特に夏は紫外線が強くなる季節です。紫外線はガラス越しでも到達してくるので、室内にいるからと油断してはいけません。
「今年は海もプールも行っていないから。」と安心している人も要注意です!

2)汗やホコリなどによる頭皮の汚れ

汗をかくことで頭皮にホコリなどが付きやすくなります。そして頭皮に溜まった汚れや皮脂によって毛穴が詰まり、炎症を起こしやすくなります。
毛穴が炎症すると、ヘアサイクルが乱れ薄毛の進行を加速させてしまします。
特に夏場は汗をよくかくので、頭皮が不潔になりやすい時期です。
普段と同じケアでこの夏を過ごしてしまった人は要注意です!

3)食欲不振による栄養不足

栄養が偏ることによってもヘアサイクルが乱れます。
髪の毛はほぼタンパク質でできています。
十分なタンパク質が摂取できていないと、髪の毛にまで栄養が行き渡らず、薄毛の進行を加速させてしまいます。
真夏は暑さによる食欲不振で、消化の良い食べやすいものを選びがちです。
この夏、そうめんなどの冷たい麺類を主食にしていた人は要注意です!

4)睡眠不足

睡眠不足は体のあらゆる不調につながっています。
就寝時に成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間が少ないと体の組織は十分に作られません。
生命にとって大切な部位から作られるため、末端の髪の毛の成長が後回しにされるのは理解できますよね?
また、睡眠不足によって引き起こされる血行不良も薄毛の原因になります。
血管は睡眠中に拡がります。睡眠不足が続くことで血管が縮まり血行が悪くなります。
血行が悪くなることで、十分な栄養が頭皮に行き渡らず、ヘアサイクルの乱れを生み、薄毛の進行を加速させます。
夏場は暑さで寝苦しくなりがちなので、睡眠不足が起こりやすい時期です。
就寝時の空調を節約して寝苦しい夜を過ごした人は要注意です!

5)頭皮の乾燥

頭皮が乾燥するとバリア機能が低下し、いろんな症状がでます。
フケ・かゆみ・頭皮湿疹・頭皮ニキビ・抜け毛など。バリア機能は皮膚に水分を保つ役割を持っていると同時に、雑菌などから皮膚を守る役割も持っています。
そのため、乾燥によってバリア機能が失われると、雑菌が繁殖しやすくなり、炎症など頭皮へのダメージを引き起こします。
夏場はエアコンや扇風機の風によって頭皮が乾燥しやすく、バリア機能が失われがちです。
加湿器を併用するなどの対策が効果的ですが、特に気にせず過ごしてしまった人は要注意かもしれません。


秋の抜毛の対策方法

1)紫外線対策を再度確認
髪は帽子や日傘などをささないと夏の強い紫外線をそのまま浴びてしまいます。
帽子は蒸れていやだという方は、是非日傘をうまく利用しましょう。

2)丁寧にシャンプーをする
夏から秋にかけて、どうしても汗をかきやすくなります。
毛穴の皮脂を丁寧に落とすつもりで、シャンプーをしましょう。
シャンプーをつける前に、しっかりお湯で汚れを落とします。
その後、シャンプーをつけて指の腹で、頭皮を挟み込むようにして、汚れを洗いだします。
すすぎも丁寧に行って、汚れが残らないようにしましょう。

3)バランスのよい食事をこころがける
夏場はどうしても、食欲が落ちがちですよね。
夏バテ防止にも、バランスのよい食事を心がけたいものです。
秋口になり、少し涼しくなってくると、いろいろおいしい食べ物が出てきます。
食欲が戻ってきても、バランスに気をつけて食事をしましょう。
また、髪は主にたんぱく質で構成されているので、良質なたんぱく質を積極的に取り入れるように心がけましょう。

4)生活リズムを整える
髪にとって、睡眠はとても大切です。
熱帯夜などで寝苦しい毎日が続いても、エアコンや扇風機などをうまく使って、睡眠時間をちゃんと確保したいものです。
また、適度な運動も頭皮の血行をよくするので、髪によい影響を与えます。


最後に

夏の生活習慣や頭皮ケアが秋の抜け毛に大きくかかわっているんです。
抜け毛予防は、夏バテ予防にもなりそうなので、実践できるところから、はじめてみましょう。
薄毛対策も同時進行していきましょう。
低出力レーザー育毛機ヘアマックスは、この頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。
是非、ヘアマックスを普段の生活に導入して、頭皮の地肌力を高め、薄毛対策をしませんか?

Back to Top