2018年 04月 15日 HairMaxJapan

★★★★★

困った。。。プロペシアが効かない

 

プロペシアはフィナステリドが配合された医学的にも評価が高い成分で、高い確率でAGAの進行を食い止める事が出来るのですが、 

中にはプロペシアを飲んでも効果を実感できなかったという意見を意外と聞きますね。

 

男性型脱毛症の調査を行っている日本皮膚科学会の評価でもA評価、女性型脱毛症ではD評価を受けているので、フィナステリド配合のプロペシアは効果が出ているのかなと思いきや、一部の人にとっては、効果がない・効かないと言われています。

~そもそもプロペシア自体に非常に高い発毛効果はない~

プロペシアを飲めば、髪が生えてきて、フサフサになると思っていませんか?
しかしながら、プロペシアは髪を復活させる訳ではないのです。
薄毛の進行を防ぐ、つまり、現状維持をしてくれる薬なのです。
現状維持効果は非常に高く約98%と、薄毛の進行を食い止め、抜毛を減らすためのお薬であることを理解しましょう。


~プロペシアが効かないであろう原因を探る~
 

  • 毛母細胞が弱っている
    既にAGAの症状がかなり進行していて、頭頂部の髪が全くない状態ではAGA治療薬は効果が期待できません。AGAが発症してから、すでに何年も経っていませんか?
    それは髪の毛を作り出す働きをする、毛母細胞が弱ってしまっているか、
    死んでしまっている可能性があるからです。
    この毛母細胞の働きが弱くなってしまうと、髪が作られなくなってしまいます。
  • 服用期間が短い
    プロペシアの効果が出はじめるまでは、最短でも3ヶ月はかかります。
    そして、髪が増えたと実感できるようになるまでには速くても6ヶ月くらいはかかります。
    そのため、6ヶ月以内に薬の使用をやめてしまった人は効かない可能性が高いです。
    髪は「髪が生え、成長し、抜ける」という一定の成長サイクルを繰り返していますが、
    AGAの人は、この「成長期」が短くなっています。
    成長期が短くなると、髪が成長する前に抜けてしまうため、相対的に細い髪や、短い髪が多くなってきます。髪が薄くなる理由は、成長期が短くなり、休止期に入っている髪が多いことが原因であり、休止期を経て産毛が生え始めるまでには最短でも3ヶ月以上はかかってしまいます。さらに、生えた産毛が成長し、髪が増えたと実感できる程度まで伸びるまでにはさらに時間がかかるため、6ヶ月もの期間がかかるというわけです。
  • プロペシアを飲み始めてから抜毛が増えたのでやめた・・・
    プロペシアには飲み始めに初期脱毛といって一時的に抜け毛が増える期間があります。
    これはヘアサイクルが急激に改善されるために起こることで、これから髪が増えるための準備期間のようなものです。問題がないどころか、良い傾向だと言えます。
    しかし、この期間に「抜け毛が増えてるから全然、効いてないんだ!」と思ってやめてしまう人います。
    これは非常にもったいないです。一時的な抜け毛の増減に一喜一憂せずに、じっくり腰を据えて治療していくことが大切です。

     
  • AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛の人
    AGAが原因で髪が薄くなっている場合は、プロペシアで改善が見込めますが、その他の病気などが原因で薄毛になっている可能性もあります。
    そもそもAGAを発症されていない方はいくら飲んでも薄毛は解消されません。
    円形脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などAGA以外にも薄毛の種類は沢山あります。
    ですから、薄毛の種類によって対処法は違ってくると思います。まずは自分がAGAなのかをしっかり把握する事が大切です。

     
  • プロペシアが効きにくい遺伝子がある
    AGAは、男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。
    このDHTが受容体に結合することで脱毛や毛の成長が抑制されます。
    プロペシアはこの「5αリダクターゼ」を阻害することで脱毛を引き起こすDHTの生成を防ぎ、抜け毛を改善します。
    しかし、遺伝により、DHTが結合する受容体が敏感な人と鈍感な人がいます。
    この受容体が鈍感な人はAGAになりにくいのですが、AGAになりにくい人はプロペシアも効きにくいです。

     
  • そもそも期待が大きすぎた、あるいはそれほど薄毛ではなかった
    プロペシアを使えば、10人に8人は改善するというデータがありますが、、改善と言っても少し改善した人もいれば、大きく改善した人もいます。
    期待するほどは改善しなかった場合、薬が効かなかったと感じるでしょう。
    このように、そもそも期待が大きすぎると、効かなかったと感じてしまうかもしれません。
    改善しているかどうかを確認するためにも、定期的に写真をとるなどして比べてみると良いでしょう。
    また、そもそも薄くないのに自分が薄いと思いこんでいる人、いわゆる薄毛恐怖症の人が少なからずいます。一度、薄毛恐怖症になってしまうと、自分で自分の頭髪の状態を客観的に評価することは非常に困難になります。

~プロペシアが効かない方への薄毛対策は?~

家庭用レーザー育毛機ヘアマックスをおススメします。
低出力レーザーの発毛効果は、さまざまな臨床研究が行われ、髪の密度を高める事ができる事が立証されています。

日本皮膚科学会が作成するガイドライン2017年版でも、低出力レーザーの使用の評価Bと認められましたが、米国のFDA認可だけでなく、世界中の厚生省にあたる期間で認可がでています。
是非、副作用のないヘアマックスで薄毛対策を始めませんか?

Back to Top