最近、髪のうねりでお悩みですか?

 2020年 09月 03日


 

サラサラのストレートヘアが、歳を重ねるとともに、髪がうねったり、くせ毛っぽくなってきた・・・それはもしかしたら、 髪の老化かもしれません。
また、うねったクセ毛になると髪にツヤがなくなり、うねったり、パサついたりで、見た目にエイジングを感じる髪の毛になってしまうんですね……。
そこで今回は、「加齢で髪がうねる」というお悩みをテーマにして、うねりについての原因と対策を解説していきたいと思います。

髪がうねる原因

1.髪の傷みや乾燥
シャンプーやドライヤーを間違った方法で行っていることや、パーマやカラーリング料などが原因で髪は傷んだり乾燥してしまいます。
髪の表面は「キューティクル」という、うろこのような形状のたんぱく質で覆われています。傷んだ髪とは、そのキューティクルが剥がれてしまっている状態です。
髪に傷みや乾燥があると、空気中の水分を含むことでうねりの原因になると言われています。

2.毛穴のゆがみ
紫外線などのダメージにより頭皮が衰えると、頭皮の毛穴 に歪みが生じます。
まっすぐな髪は毛穴がキレイな円形になっています。しかし歪んだ毛穴は、なんとその形が楕円形なのです。
毛穴が歪んでいることで毛根も歪んでしまい、健康で真っ直ぐな髪の毛が生えてこれなくなってしまうのです。

生え際からすぐに髪の毛がうねっている場合は、毛穴のゆがみが原因だと言えるでしょう。

3.加齢
年齢を重ねると、頭皮もたるみが出てくるために毛穴が変形します。
髪が伸びてくる毛穴がゆがむと、髪の毛を支える事ができなくなって うねり毛が生えてくるというわけです。

4.生活習慣の乱れ
ストレスや睡眠不足、栄養バランスの偏った食生活などの不摂生な生活が続くと、頭皮は血行不良 栄養不足に陥ります。
必要な栄養分が届かないと細い毛しか生えてこないため、髪のうねりをはじめとした髪のさまざまな悩みが生じてしまうというわけです。

またタバコや飲酒などの習慣がある人も、血流が悪くなることで髪の毛が栄養不足の状態になるため、必然的に髪に影響がでてきます。

5.遺伝
髪質はある程度、遺伝によって決まってしまうため、生まれつき髪がうねりやすい人もいます。
家族に、くせ毛の人や髪にうねりのある人はいませんか?髪質の特徴は、遺伝によるものもあります。うねった髪が、両親や祖父母の髪質の影響ということも考えられます。
遺伝によるうねりが強い場合は、改善するのが難しいため、ストレートパーマや縮毛矯正を活用する方が良いでしょう。

しかしそんなにひどくないうねりの場合は、シャンプーやドライヤーなどのヘアケア方法を見直せば解消できる可能性があります。

6.髪自体の密度低下
加齢で髪がうねる原因の2つ目は、髪自体の密度が低下することにあります。

髪の内部水分や栄養がスカスカになってしまい、ハリコシが減少してしまいます。

お肌にうるおいが不足したり、ハリツヤが失われてくるのも、体内の働きが老化しているからなんです。

そして、当然髪の毛にもその影響が及んできます。

髪に十分な栄養素が行き渡らなくなり、水分量も減少してくると「髪内部」がスカスカした状態になってしまうのです。

これが、髪の密度低下といわれるもの。髪の老化です。

加齢によって空洞化した髪は非常に乾燥しやすく、ちょっとした外部の湿度変化なんかにも敏感に反応するようになります。

うるおいが足りていないので、少しでも水分を吸収しようとすると、髪が不安定な状態になり「うねり」として目立つようになってしまうというわけです。


髪のうねりの対策・改善方法

①髪の洗い方を見直す
うねりに悩む人は、今使っているシャンプー を一度見直してみませんか?うねりやくせ防止に特化したシャンプーなら、その悩みをサッと解決してくれます。毎日の習慣でもあるバスタイムに、簡単にうねり対策ができるのも嬉しいですよね。
シャンプーの効果をより高められるよう、しっかりと泡立てて地肌を中心に洗いましょう。ツヤや潤いを与えてくれるものなら、髪をよりキレイに見せてくれますよ。うねり改善シャンプーは種類も豊富なので、好きな香りで選ぶのもよいですね。

②ドライヤーのかけ方を見直す

髪の乾かし方は、うねりに困っている人にとってすごく重要です。濡れたまま放置して自然乾燥では、せっかくのシャンプーの効果も水の泡に……。そうならないためにも正しく髪を乾かしましょう。
手強いうねりをなくすとなると、その乾かし方も難しいのでは?と思いますよね。でも大丈夫です。その方法はとても簡単!いつもの乾かし方の中で、大事なポイントを意識していくだけです。それだけで、乾いた後の髪が見違えるほど変わりますよ。ぜひ試してみてください!
髪を乾かす前に、入念にしておきたいのがタオルドライです。髪の水分をしっかりとっておくことで、ドライヤーの時間も短くなります。
タオルドライの後は、アフターバストリートメントをつけましょう。ドライヤーの熱から、髪を守ってくれます。
ドライヤーで髪を乾かすときは、まず地肌をきちんと乾かします。次に全体をまんべんなく、軽く3分ほど乾かします。その後手ぐしで、髪をまっすぐにすることを意識しながら、上から下へと乾かしましょう。

③頭皮マッサージをする
血行が悪いと頭皮に必要な栄養が届かなくなってしまうため、血行を良くするためにも 頭皮マッサージをしましょう。
効果的に血行促進するには、日々のシャンプー時に行うことをオススメします。

頭皮マッサージはうねりだけでなく、抜け毛や白髪、薄毛などにも効果があると言われています。

④生活習慣を見直す
極端なダイエットや睡眠不足、お酒の飲み過ぎなどは、頭皮に必要な栄養分が届かず、髪の毛を不健康にさせてしまう要因になってしまいます。
すこやかな頭皮と髪を保つためには、十分な睡眠時間を確保して生活リズムを整えることが大切です。

さらに毛髪の生成に必要なビタミンやミネラルが不足しないように極端なダイエットやアルコールは避け、日頃から栄養バランスが整った食事を摂ることを心がけましょう。

最後に

髪のうねりの原因や改善法などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
髪のうねりを効果的に改善するには、日々のヘアケアと健康的な生活で体の外からも内からもケアすることが大切です。
しかも健康的な髪を目指してケアを続ければ、自然にハリやコシ、ツヤもでて美しい髪を保つことができます。
髪のうねりを解消し、まとまりのある美しい髪を取り戻しましょう。


そして、薄くなってきた髪には、薄毛対策。
低出力レーザー育毛機 ヘアマックスは、この頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。
是非、ヘアマックス を普段の生活に導入して、頭皮の地肌力を高め、薄毛対策をしませんか?